トータルフィットネスクラブわらわらふじみ野

東日本大震災 復興支援チャリティ SAVE JAPAN CLUB

2017.04.23

東日本大震災 復興支援チャリティ SAVE JAPAN CLUB

株式会社わらわら(SAVE JAPAN CLUB) は、社会貢献や環境保全の取り組みを行うことで、地域の皆様、そして、日本全国の皆様へ向けて、『 健康と笑顔の発信源 』となれるよう、継続した活動を 行っております 。

今後も皆様の暖かな御心と御支援を、クラブを通して様々な形で募らせて頂き、日本各地で震災の被害に遭われている方々や、生まれながらに身体へ苦労を患っている方々の、少しでもそのご助力になれればと想っております。

『見て見ぬ振りをしない、勇敢さと行動力を持って、困っている人に手を差し伸べる』

こうした理念を掲げた私達は真っ直ぐな気持ちで、一人でも多くの方の笑顔を作り、守れるよう、取り組みを継続して参ります。改めましてご協力頂いている皆様 、応援して下さっている皆様、心より御礼申し上げます。誠に有難う御座います。

最後に、毎年被災地を周り、お話を伺いますと、年々こうした支援は減っているとの事です。
目に見えるもの、目に見えていないもの、復興はまだまだ一部困難な状況が続いております。
その事実を知り、目にしている私達は、今後も継続した取り組みを行なっていく事は勿論 、賛同して下さる人を一人でも多く増やせるよう、伝え広める事を使命と思っております。

合計 2,553,757円
◇ 2013年 355,926円
◇ 2014年 388,387円
◇ 2015年 440,785円
◇ 2016年 824,089円
◇ 2017年 544,570円

【バナナペーパーで名刺を作りました】
環境問題や人権問題、貧困問題、フェアトレードといったエシカルの観点から、「わらわら」ではバナナペーパーで名刺を作成させて頂くことになりました。

バナナペーパーは、人にも環境にも優しいフェアトレード名刺で、今までは廃棄されるだけだったオーガニックバナナの茎から取った「バナナ繊維」を原料として使用し、日本の和紙の技術を用いて作られた「フェアトレード」の紙です。

環境に配慮し、アフリカの貧困層の村に雇用を生み出し、現地の人々の自立を支えています。